エコーブログ! ~元ゲーマーがお送りします~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコーログ! 〜元ゲーマーがお送りします〜

陰キャとリア充の狭間をふわふわしている大学院生が、日々感じたことを書くブログ。

MENU

【IT系大学生限定】 「アカリクITイベント in 東京」に行ってきます

就活 独り言

こんにちは。就活準備中のエコーです!

今日は就活イベントの記事になります。

 

f:id:echo555:20161213061248p:plain

 

アカリクという就職サイトがあります。

「アカデミー+リクルート」でアカリクです。

 

友人の紹介で知ったのですが、アカリクは大学院生や研究者を対象としているだけあって、かなり強そうな企業と接触機会があります。

 

実は今週末の17日にイベントがあって、それに参加することにしました。

ITエンジニアの採用支援を目的とした「スカウト形式」のイベントです。

プログラミング経験がないと参加できないことからも本イベントの難易度の高さが伺えます。

f:id:echo555:20161213044347p:plain

 

参加するにあたって色々葛藤があり、自信を喪失しかけたので気持ちを整理するためのエントリーです。

 

 

参加を決めた理由

最初は先週の時点で申し込もうと思っていたのですが、後述の理由で心折れてしまいやめました。

 

先輩に

「俺やっぱこれ無理っすわ。またあるっぽいんで修行してから出直します」

とか言って。

 

 

そんな感じで先週は申し込みを見送ったのですが、今週になって

 

 

 

選択に迷ったときはより困難な方を選べ

 

 

という今までの恩師の言葉が頭をよぎり、勢いで申し込みをしました。

ぶつかって成長する。そういうスタイルなんや!!

 

心折れポイント①事前提出プロフィール欄が書けない

申し込みの際にまず

  • 名前や学年
  • 自己PR
  • 語学力や資格
  • ITスキルの熟練度
  • 意気込み

等を入力して提出します。

そして、それが受諾されれば参加決定となります。

 

この時点で入力欄からにじみ出る、求められているであろうスキルの高さにゲロ吐きそうでした。

というか自分のスキルが低い!のかなぁ

 

(;^ω^) .oO( TOEICの点数カスすぎて書けへん...。)

 

(;´・ω・) .oO( これといって秀でたITスキルの実績がなくて書けへん...。)

 

 

そんなこんなで苦労しながらも、物理的にも内容的にもスカスカのプロフィールを提出しました。

 

 

そして今日、申し込み状況を見ると「未定」だったものが「可能」になっていました。

 

やったぜ!あとはスライド作るだけだ!

 

 

 

そう思うじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し込み状況確認ページから「詳細」というリンクをクリックして飛んだ先をみると

f:id:echo555:20161213045731p:plain

 

ぬぬ...??

 

 

 

 

 

f:id:echo555:20161213050103j:plain

 

まだ追加情報書くんかーい!!!!

てか入力期限過ぎてる~!申し込みした時点で期限過ぎてる~!!

 

 

焦って書きました。

先ほど入力したプロフィールに、新たな入力欄が追加されたものです。

 

 

けどきっつい。

ほんと書けなくてきっつい。

 

 

研究以外でのプラグラミング使用経験
研究以外で、プログラミングコンテスト参加経験、アプリ開発経験、IT企業でのアルバイト・インターン経験等があれば具体的にご記入ください。(200文字以内)

 

 

↑ これとか。経験ゼロです。つらみ。

他の参加者はこういうのマックス書いてるのかなぁ。

悔しいけどここは空欄で提出するしかありません。

 

 

 

こんな感じで、えげつないくらいスキルについて書かされましたが、どうせ将来的にはESや面接で問われることだと思うので、現状のやばさに今のうちに気付けて良かったです。

 

心折れポイント②サンプルスライドが殺しにかかってくる

さーて、あとはスライド作りかー。

おっと、どうやらアカリクでサンプルスライドを用意してくれているらしい。

どれどれ見てみようか。

 

 

 

 

f:id:echo555:20161213051447p:plain

↑ 自己紹介スライド。

小中学生の頃からめちゃめちゃハイテクに囲まれて育っている上に、高校生で1年間の留学経験とか。

エンジニア的にはめちゃめちゃハイスペックな経歴な気がしますけど、これが標準的なサンプルなんですか。

 

でもまぁ、まだわかる。まだあり得るレベル(?)

 

 

 

 

f:id:echo555:20161213051131p:plain

コンテスト出すぎィ!

 

出たことがない僕からしたら、こういうのに出れるレベルってだけで超すごそう。

この人は、僕の冗長なコーディングによるプログラムを見たら動作のあまりの遅さに混乱してぶっ倒れるのではないだろうか。

 

 

 

 

f:id:echo555:20161213051216p:plain

↑ あっ、学生でも個人でアプリケーション開発とか当たり前の時代ですよね。分かります。

 

 

 

 

f:id:echo555:20161213051308p:plain

↑ 別パターンのサンプルも。

開発しすぎじゃないですか?ほんとに学生ですか。学生ベンチャーですか。

サンプルにこんなの使われたら心折れるんですがそれは。

 

 

 

 

 

僕のIT関連の経歴なんて

 

小中学校:オンラインゲームとエロサイトでITリテラシーを学ぶ

高校:グレーゾーンな海外サイトで怪しい知識を学ぶ

大学:クロールしてエロ画像を自動で収集するプログラムを書く

 

大体こんなもんですよ!これでどう戦えばいいんでしょうね!!

(実際には大学ではもっと普通のプログラムも書いてます)

 

 

心折れポイント③今からプロダクトを作る

サンプルスライドや、募集要項などを見て、僕に足りないだろうという点は以下の通りです。

  • プログラミング技術
  • プログラミング関連の卓越した実績
  • 実際に開発したプロダクト

 

これらのうち2つくらいは揃っていないと、相当苦しいプレゼンになると思われます。

5分間のプレゼンの中で、これらは自分の技術を分かりやすく手短に伝えるのに適しているからです。

 

 

ぶっちゃけこの中で今からどうにかなりそうなのはプロダクト”くらいでしょうか。

そのうちやりたいなーと思っていたアイデアはなきにしもあらずなので、あと2日3日でできるところまでやってみようと思います。

 

 

間に合う気がしないけど^^

 

 

本当はFXの自動売買プログラム(EA)の勉強を優先したかったんですけど、今は後回しにせざるを得ないですね。

 

 

まとめ・余談

そんなこんなで体当たり的にイベント行ってきます~。

こんなノリで行ったらガチで怒られそうで少し怖いですけど、できる範囲で精一杯自己アピールしてきたいと思います。

 

 

ここまで読んでくれた人がいたらありがとうございます。

ブログを始めた日から1か月くらい経ちましたが、ようやく16記事目です(-_-;)。

 

最近、投稿数もさることながら、気合いを入れた記事を書けていないのが残念です。

たまには誰かのためになる記事を書きたいものです。

 

忙しくて更新が不定期になってしまっていますが、隙間時間を使って続けていくつもりです。応援よろしくお願いします!