エコーブログ! ~元ゲーマーがお送りします~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコーログ! 〜元ゲーマーがお送りします〜

陰キャとリア充の狭間をふわふわしている大学院生が、日々感じたことを書くブログ。

MENU

一人暮らしして初めて年賀状を出してみる【家族への贈りもの】

その他

実は僕は、『ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログ』というサイトに登録していまして、今回はそのサイトでのモニター案件の記事になります。

 

f:id:echo555:20161211221607p:plain

 

上にあるように、GLAM PRINTの年賀状のモニター案件です。

 

 

年賀状を出さない人が増えた?

皆さんは年賀状って送りますか?

 

僕は高校に入ったくらいからほとんど送ることがなくなりました。

「メールでいいじゃん」って世代です。

親戚には年賀状を出していた覚えがあります。

 

大学に入ってからは1度も送ることはありませんでした。

今度は「LINEでいいじゃん」という時代に突入しましたからね。

 

 

多くがデジタル年賀状時代に突入している中(特に若い世代)、アナログな年賀状をくれる人は少数派、マイノリティーになりました。

 

実家に帰って郵便受けを見ると、毎年送ってくれている友達とかいるんですよね。

こんな時代だからこそ、逆にそういったアナログが目立ちます

「お、こいつマメな奴だな!」と思われやすくなっていると思います。

 

 

しかも、写真を載せて「息子が2歳になりました〜」みたいなタイプの年賀状。

あれ、いいですよね!ほっこりするっていうか。

アナログならではっていうか、デジタルでは表現できない温かみがあります。

 

 

だから、今年はそんな写真付きのヤツ出してみようかなーと。

最近うまくいってなくてギクシャクしてる家族や、ほとんど会えていない親戚にちょっとしたサプライズの意味を込めて送ってみようと思いました。

 

 

簡単手順でデザインして注文

ただ、年賀状といったらなんといっても書くのが面倒くさい!

ついついデジタル一斉送信に頼ってしまう理由の1つだと思います。

 

 

小学校の頃はイラストとかメッセージも全て手書きで30枚とか書いてた気がしますけど、今思えば狂気の沙汰でしかないです。その分想いは伝わると思うんですけども。

 

中学校に入ると、パソコンの年賀状作成ソフトでデザインしたものを自宅のプリンターで印刷していました。

これで手書き地獄から解放だったんですが、ソフトの扱いに慣れるまではやや大変でした。

一度作ってしまえばあとは印刷するだけなのはラクチンではあったんですけど、印刷の仕上がりが正直汚い。

イラスト程度ならまだしも、写真を印刷するにはちょっと...という仕上がり。

 

 

と、いうわけでそこはプロにお任せしてしまいましょう。

グラムプリントの年賀状では、写真を使いたい人イラストを使いたい人も、豊富なテンプレートの中から選んで簡単にデザインすることができます。

f:id:echo555:20161211225522p:plain

 

ブラウザ上か、あるいはスマホにアプリをダウンロードして作ることができます。

僕はスマホで作ったんですが、後で見てみたらブラウザで作る方がテンプレートの種類が多い?!

気軽さならスマホで、バッチリ作りたい人はパソコンで作るといいと思います。

実際に簡単に作れました。10分もかからなかったと思います。

 

 

価格は、早期割引を使えば 1枚あたり140円です。

自作するとなったらハガキ代52円はどちらにせよかかるわけですから、1枚あたりおよそ90円で印刷してもらえるのは安いんじゃないですかね。

 

f:id:echo555:20161211230611p:plain

 

 

さらに、仕上がりの質感を選べるのもポイントです。

華やかな色合いの写真には「ツヤあり」を、優しい雰囲気の写真には「ツヤなし」がオススメだそうです。

僕は今回、彼女や妹と2人で並んで撮った日常っぽい写真を使ったので、「ツヤなし」を選びました。

f:id:echo555:20161211231033p:plain

 

仕上がり の感想

アプリにて作成し、申し込みをしてから1週間もかからずに年賀状が届きました。

f:id:echo555:20161211232537j:plain

 

んーなんか非常に心霊番組っぽい(笑。

画質もスマホで撮った写真なんでそんなに良くないですね。

 

 

僕はこういった写真屋のサービスは初めて利用したのですが、やはり仕上がりが綺麗ですね。

家の安物プリンターで印刷した年賀状と比べるのもおこがましいですが、綺麗。

 

家のプリンターだと当時はインクジェット紙を使うことになって、全体的に妙にテカテカしていた印象なんですが、今回のハガキは和紙っぽい表面になっていて、上品な印象を受けます。

「ツヤなし」だからでしょうか。「ツヤあり」だとどんな仕上がりになるんでしょうね。

 

今回は親戚にだけ送るつもりでいたので4枚しか注文しませんでしたが、この仕上がりだったら親しい友人にも送ってやりたいですね。

 

まとめ

グラムプリントの年賀状について紹介しました。

年賀状を送る習慣がない方はこの機会に数枚だけでも、親しい間柄の人に送ってみることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

写真付きの年賀状は非常に温かみがありますし、今や年賀状を送る人自体が少ないので相手に効果的に想いを届けることができます。

 

プロによる綺麗な仕上がりの年賀状で、特別な想いを込めた”贈りものしましょう。

 

 

僕はこれをきっかけに家族と仲直りできたらいいと思って贈ります。