エコーブログ! ~元ゲーマーがお送りします~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコーログ! 〜元ゲーマーがお送りします〜

陰キャとリア充の狭間をふわふわしている大学院生が、日々感じたことを書くブログ。

MENU

ハンカチは貸すためにあるんだ。映画 『The Intern』 レビュー

その他

どーも!毎日更新する難しさを痛感しながら書いてます。エコーです!

以下は昨日の夜に書いた記事になります。

 ---------------------------------------------------

今日は夕方に起きてしまいました。

「期末レポートもやんなきゃだしブログも更新しなきゃいけないのにやばいぜ!!!」とおにぎり片手に机に向かおうとしたところ、居間でおもむろに再生されるDVD

 

妹「これ面白いらしいよー!www」

僕「いや、やることあるからそんなん観ないよwwまあ飯食ってる間はいいかw」

 

―15分後。

 

あ、これ面白い

好きなタイプの明るいヤツ

イエスマン』とかそっち系の幸せな気分になれる系のヤツっぽいぞ。

 

レポートもブログもなんとかするし、いっか!!

てかブログはこの映画のこと書けるし、いっか。みたいな(笑

 

 

今回観たのはこれ。邦題『マイ・インターン』の原題『The Intern』です。

 

 

 

『The Intern』タイトルメニューで大学生の話かと思った

f:id:echo555:20161126230005j:plain

 

これ見たら、大学生(若い方)が上司(年配の方)に仕事を教えてもらっているみたいに見えますよね。

むしろ、そうだと思ったから自分と境遇が近いなーと思って最初の興味が沸きました。

 

そしたら、違ったんです。主人公おじいちゃんでした。

 

なにー!高齢者のインターン募集だと!日本でもそういうのあるのかな。

身障者の採用枠とかは聞いたことありますけど。

おもしろそうではありますね。

 

素敵な紳士になりたくなる映画

f:id:echo555:20161127003505j:plain

序盤のあらすじだけ書くと、

 

主人公のベンは40年以上勤務した会社を退職して気ままな老後を過ごしていた70歳のおじいちゃん。社会から隔離されたような気分で日々を過ごしていた。そんな彼はふと「高齢者インターンの募集」のチラシを目にする。心に空いた穴を埋めたかったベンは、若手女社長ジュールズ(上の画像右の女性)が経営するファッション通販会社へのインターンに参加する。

 

 で、はじめは若者に囲まれる環境に戸惑うベン。しかも「パソコンの起動ボタンが分かりません...」って世代ですから仕事も任されません。

でもここから持ち前の紳士さで物事がいいカンジに進んでいきます。

 

ここが紳士だよ!①誠実に徹し、同僚のハートをガッチリキャッチ!

f:id:echo555:20161127003619j:plain

ベンは長年の経験からなのか、それとも性格からなのか、非常に落ち着きのある誠実な人間です。つまり「ザ・紳士」。仕事が与えられずとも社員とのコミュニケーションを欠かさず笑顔は絶やさず自分で仕事を見つけ、次第に社内の人気者になっていきます。

 

例えば、

同僚「ベン!浮気が恋人のベッキーにばれて口も聞いてくれないんだ!どうしたらいい?助けてくれ!」

ベン「一番いいのは謝ることだ。もうやったかい?」

同僚「何度も謝ったさ!メールで。件名は[Soooooooory!!]ですごく反省してるカンジで」

ベン「直接会話して謝ることをお勧めするよ」

上のような、IT世代にありがちな「大事なことを直接言えない」問題に対して年配者がアドバイスする、といったテンプレシーンもあります。

[Soooooooory!!]の部分は、字幕では[ごめぇぇぇん!]って訳されてました。まぁそうなるだろうけど(笑。英語のときより「お前反省してないだろ」感が増した気がする。

 

社員全員に気配りし、相談役など頼れる存在になっていくことで、ベンはみんなに慕われていきます。コミュ障な僕も見習いたい!やっぱり愛されに大事なのは誠実さですなぁ。

 

ここが紳士だよ!②ハンカチは貸すためにあるんだ。知らないのは罪だぞ。

f:id:echo555:20161127003736j:plain

同僚(若者インターン採用枠、つまりアホ担当)がベンの家でこんなことを聞くシーンがあります。

同僚「クローゼットには何が?」

ベン「下着 Tシャツ ポケットチーフ ハンカチだ」

同僚「ハンカチって必要?わかんないんだけど」

ベン必需品だ。知らないのは罪だぞ。ハンカチは貸すためにあるんだ。

名言かよ!!ちなみに妹はこのセリフをえらく気に入っていました。

 

普段から僕は手をふくためにハンカチ持ち歩いていますけど、まさか貸すためとはね。

これぶっちゃけ映画の中だけなのかな?実際のアメリカの紳士界隈では常識なの?とりあえず日本でやるには勇気が要りますね。

 

ちなみに先ほどのセリフの通り、ベンはこの映画内で人に何度もハンカチを貸します。泣いてる相手だったり、泣いてる相手だったり、ゲロ吐いてる相手だったり

 

あんたそれは凄すぎるよ...。さすがにゲロ相手に貸すのはきつくない?もはやそれあげちゃってるよ!相手も「これ洗ったけど返すべきなのかな...」って悩むレベルだよね?!

いや、でもやっぱそういうシーンでサッとハンカチーフ渡しちゃうのは...かっこいいです。紳士見習いとしてマネしたい。

 

まとめ

もっと書きたいことはありますが、ネタバレを書きすぎるのもどうかと思うのでここまでにします。特に女社長ジュールズとベンの関係がどうなっていくのか、という点には今回一切触れませんでしたが、非常に見ごたえがあります。

 

  • 紳士になりたい方
  • 素敵なおじいちゃんが好きな方
  • 幸せな気分になりたい方
  • 人に好かれたい方
  • ハンカチの必要性が分からない方

 

以上に当てはまる方にはおすすめします。特に「ハンカチの~」に当てはまる人観てください笑。

 

てかベン役ってかの有名なロバート・デ・ニーロだったんですね。芸能にあまり興味がないにわかからしてみたら『ゴッドファーザー』のイメージしかなかったのですが、こんな優しいおじいちゃん役までやってるとは...。

 

そんな感じです。それでは!