エコーブログ! ~元ゲーマーがお送りします~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコーログ! 〜元ゲーマーがお送りします〜

陰キャとリア充の狭間をふわふわしている大学院生が、日々感じたことを書くブログ。

MENU

飽き性とかいう最低な性格を最高にする方法

f:id:echo555:20161125205137j:plain

 

こんばんは!最近寒くてストーブつけっぱなし、エコじゃない系男子のエコーです!

 

...いやーほんと寒いですね!急にさむい。

 

 

北海道ではとっくに秋は終わっていますが、東京もやばいみたいですね。雪が降ったとか。ふだん雪と無縁でスニーカーなぞ履いて冬を過ごしているシティーボーイズ&ガールズは、ブラックアイスバーンという魔物にさぞ痛い目に遭わされたことでしょう。どんまいです。

 

北海道にはまた、長い冬がやってきます。

 

 

飽きっぽいって悪いことですか?

と言えばですね、僕はとっても飽きっぽいですまただじゃれですみません

どれくらい飽きっぽいかというと、

  • 大学1年と2年と4年で別のサークルに3回入りなおした
  • 趣味でギター始めます!がn回目になって友達がもはや信じてくれない
  • 中学高校どちらともバレー部だったが、転部したいと顧問と揉めた(中高どちらも)

どうしようもない呆れた野郎です。

 

今まで、飽きっぽいことはとっても悪いことだと考えていた時期がありましたが、人生の転機であるあの日から、様々な価値観が変わりました。そう、当時の彼女にフラれたのです

 

その後、精神を安定させるための防衛反応なのかわかりませんが、ネガティブ大暗黒神だった僕が、大体のことを自分に都合よくポジティブに変換して考えられるようになりました。

そんな僕は今では、飽き性は「短所というより長所だ!」と思っています。

 

 

というわけで、僕がどんな感じでネガポジコンバートしているのか、以下で簡単に紹介したいと思います。

 

飽き性の人にありがちな特徴4つ

まずは、飽き性の人にありがちな特徴をマイナスイメージ強めまとめてみます。

  1. 新しいことを始めても続かない
  2. 集中力がない
  3. 浮気性
  4. 優柔不断

うわぁ...。どれも聞いただけでげんなりするダメ人間の特徴そのものですね...。

以下でそれぞれについて、ネガティブ大暗黒神風に見ていきます。

 

1. 新しいことを始めても続かない

f:id:echo555:20161126004401p:plain

飽き性という宿命の下に生まれた我々が背負うであり、逃れることのできない呪いです。我々は何をしても長続きしません。なぜでしょう。飽き性だからです。

継続は力なり」という名言があります。大抵の成功者は継続の天才であると言っても過言ではありません。逆を言えば、継続できない我々はかなりの確率で成功者になることはできません。一生凡人のまま地に這いつくばって生きましょう。

 

2. 集中力がない

f:id:echo555:20161126004324p:plain

集中力がないのも我々飽き性の特徴です。気が付けば5分に1回スマホを取り出しTwitterゲームインスタグラムをしていませんか?

目の前の仕事に集中でき、素早く実行できる人物は有能です。反面、我々は無能です。

だらだらと効率の悪い時間の使い方をする我々は、人生という有限時間の枠組みにおいて損をしているとも言えます。

 

3. 浮気性

f:id:echo555:20161126004456p:plain

我々はパートナーとの付き合いも長続きしません。相手に飽きてしまうケースもあれば、目に入るほかの刺激的な異性につい目移りしてしまうケースもあります。

本能に素直という点だけみれば、生物学的な意味でヒトらしいともいえますが、それでもやはりどちらかというとサルです。

さらに浮気は社会的にはとされることが多いので、スリルや刺激を求めるあまり、社会的に抹殺されないように気を付けましょう。

 

4. 優柔不断

f:id:echo555:20161126004556p:plain

飽き性は、根性がないと言い換えることもできるでしょう。根性がない人物は自分の行動に自信責任をもちたがりません。そのような人間―我々は、総じて優柔不断です。

コンビニでパンを選ぶのにすら、下手すれば5分近くかかります。

友人やパートナーとご飯を食べに行く際も、何を食べたいか聞かれ「何でもいい」と答える我々。確実に陰でつまらない奴だと思われていますよ。

 

 

長所に言い換えてみよう!

f:id:echo555:20161125233917p:plain

どうですか?先ほどの特徴を見ると、飽き性の人は一見どうしようもないド底辺スーパーダメ生物であるかのように見えてしまいますね。こんな風に言われたら上の絵のように頭を抱えてしまうことでしょう(自作絵です。かわいいですね)。

 

しかしそこで落ち込んじゃうような人はちょっと待ってくださいな!

自身の性格をネガティブに捉えてませんか。就活なんかでもよく言われますが、性格は捉え方によってまったく異なって見えます。どうせなら良い面を見て伸ばしていきたいですよね。

では捉え方がネガからポジ180°くらい変わる例を以下で見ていきましょう。

 

1. 新しいことを始めても続かない

=すぐに次の新しいことに移る

=新しいことをたくさん経験できる

人生楽しい!!

 

このように解釈しましょう。実際その通りですよね。気になったことはなんでも手を出してみる、その行動力が強みになるのです。ただし、「継続は力なり」は真理です。ここぞという場面では継続することができる柔軟さと根性が求められます。

 

2. 集中力がない

=常にほかのことが気になってしょうがない

=常にほかの興味へアンテナを張っている

広い視野で世界を見ることができている!

 

一見いいところがなさそうな「集中力がない」ですが、このように言い換えることができます。言われてみたら「そういや前から広い世界見てたわー!!」という気分になってきませんか?ただし、優先すべきタスクが溜まってしまうとほかの趣味などの時間にも影響してしまうので、やるべきことは集中してささっと終わらせてしまったほうがよさそうです。

 

3. 浮気性

=ほかの人もアリだなと思っている

=一人の相手に固執しない

フラれても立ち直りが早い!

 

しょうもなさそうですが、ものすごいメリットです。フラれて落ち込んでいる期間って無駄ですから。そんな生産性のない時間を過ごすより、さっさと次の恋に向かう姿勢をもっていたほうが有意義ですよね。ただし自分から相手をフッてはすぐ次に行くような「ただのチャラい人」になるのは考え物です。

 

4. 優柔不断

=慎重すぎる思考

=リスクオフのためにあらゆる状況を想定できる

冷静な思考で物事に対処する力!

 

これはよくある言い換えですかね。頭の回転は遅いかもしれませんが、熟考する時間さえあれば限りなく正解に近い答えを導き出すポテンシャルがあると言えます。ただし慎重すぎてリスク回避に走る傾向があり、それが言い訳や人任せなどの責任転嫁の形で表れないように注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。飽き性に限ったことではなく、大切なのは自分の性格の短所を見極めた上でそれを長所に昇華する力です。

 

僕もこのブログを継続することで、短所を克服し長所へ昇華していきたいと思っています。(とか書いてたら日にちを跨いでしまったため、連続更新日数が途切れてしまいました...。この程度の量を書くのに4時間もかかってしまったせいです。)

 

それでは駄文、駄絵を失礼しました。