エコーブログ! ~元ゲーマーがお送りします~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコーログ! 〜元ゲーマーがお送りします〜

陰キャとリア充の狭間をふわふわしている大学院生が、日々感じたことを書くブログ。

MENU

ハンカチは貸すためにあるんだ。映画 『The Intern』 レビュー

どーも!毎日更新する難しさを痛感しながら書いてます。エコーです!

以下は昨日の夜に書いた記事になります。

 ---------------------------------------------------

今日は夕方に起きてしまいました。

「期末レポートもやんなきゃだしブログも更新しなきゃいけないのにやばいぜ!!!」とおにぎり片手に机に向かおうとしたところ、居間でおもむろに再生されるDVD

 

妹「これ面白いらしいよー!www」

僕「いや、やることあるからそんなん観ないよwwまあ飯食ってる間はいいかw」

 

―15分後。

 

あ、これ面白い

好きなタイプの明るいヤツ

イエスマン』とかそっち系の幸せな気分になれる系のヤツっぽいぞ。

 

レポートもブログもなんとかするし、いっか!!

てかブログはこの映画のこと書けるし、いっか。みたいな(笑

 

 

今回観たのはこれ。邦題『マイ・インターン』の原題『The Intern』です。

 

 

 

『The Intern』タイトルメニューで大学生の話かと思った

f:id:echo555:20161126230005j:plain

 

これ見たら、大学生(若い方)が上司(年配の方)に仕事を教えてもらっているみたいに見えますよね。

むしろ、そうだと思ったから自分と境遇が近いなーと思って最初の興味が沸きました。

 

そしたら、違ったんです。主人公おじいちゃんでした。

 

なにー!高齢者のインターン募集だと!日本でもそういうのあるのかな。

身障者の採用枠とかは聞いたことありますけど。

おもしろそうではありますね。

 

素敵な紳士になりたくなる映画

f:id:echo555:20161127003505j:plain

序盤のあらすじだけ書くと、

 

主人公のベンは40年以上勤務した会社を退職して気ままな老後を過ごしていた70歳のおじいちゃん。社会から隔離されたような気分で日々を過ごしていた。そんな彼はふと「高齢者インターンの募集」のチラシを目にする。心に空いた穴を埋めたかったベンは、若手女社長ジュールズ(上の画像右の女性)が経営するファッション通販会社へのインターンに参加する。

 

 で、はじめは若者に囲まれる環境に戸惑うベン。しかも「パソコンの起動ボタンが分かりません...」って世代ですから仕事も任されません。

でもここから持ち前の紳士さで物事がいいカンジに進んでいきます。

 

ここが紳士だよ!①誠実に徹し、同僚のハートをガッチリキャッチ!

f:id:echo555:20161127003619j:plain

ベンは長年の経験からなのか、それとも性格からなのか、非常に落ち着きのある誠実な人間です。つまり「ザ・紳士」。仕事が与えられずとも社員とのコミュニケーションを欠かさず笑顔は絶やさず自分で仕事を見つけ、次第に社内の人気者になっていきます。

 

例えば、

同僚「ベン!浮気が恋人のベッキーにばれて口も聞いてくれないんだ!どうしたらいい?助けてくれ!」

ベン「一番いいのは謝ることだ。もうやったかい?」

同僚「何度も謝ったさ!メールで。件名は[Soooooooory!!]ですごく反省してるカンジで」

ベン「直接会話して謝ることをお勧めするよ」

上のような、IT世代にありがちな「大事なことを直接言えない」問題に対して年配者がアドバイスする、といったテンプレシーンもあります。

[Soooooooory!!]の部分は、字幕では[ごめぇぇぇん!]って訳されてました。まぁそうなるだろうけど(笑。英語のときより「お前反省してないだろ」感が増した気がする。

 

社員全員に気配りし、相談役など頼れる存在になっていくことで、ベンはみんなに慕われていきます。コミュ障な僕も見習いたい!やっぱり愛されに大事なのは誠実さですなぁ。

 

ここが紳士だよ!②ハンカチは貸すためにあるんだ。知らないのは罪だぞ。

f:id:echo555:20161127003736j:plain

同僚(若者インターン採用枠、つまりアホ担当)がベンの家でこんなことを聞くシーンがあります。

同僚「クローゼットには何が?」

ベン「下着 Tシャツ ポケットチーフ ハンカチだ」

同僚「ハンカチって必要?わかんないんだけど」

ベン必需品だ。知らないのは罪だぞ。ハンカチは貸すためにあるんだ。

名言かよ!!ちなみに妹はこのセリフをえらく気に入っていました。

 

普段から僕は手をふくためにハンカチ持ち歩いていますけど、まさか貸すためとはね。

これぶっちゃけ映画の中だけなのかな?実際のアメリカの紳士界隈では常識なの?とりあえず日本でやるには勇気が要りますね。

 

ちなみに先ほどのセリフの通り、ベンはこの映画内で人に何度もハンカチを貸します。泣いてる相手だったり、泣いてる相手だったり、ゲロ吐いてる相手だったり

 

あんたそれは凄すぎるよ...。さすがにゲロ相手に貸すのはきつくない?もはやそれあげちゃってるよ!相手も「これ洗ったけど返すべきなのかな...」って悩むレベルだよね?!

いや、でもやっぱそういうシーンでサッとハンカチーフ渡しちゃうのは...かっこいいです。紳士見習いとしてマネしたい。

 

まとめ

もっと書きたいことはありますが、ネタバレを書きすぎるのもどうかと思うのでここまでにします。特に女社長ジュールズとベンの関係がどうなっていくのか、という点には今回一切触れませんでしたが、非常に見ごたえがあります。

 

  • 紳士になりたい方
  • 素敵なおじいちゃんが好きな方
  • 幸せな気分になりたい方
  • 人に好かれたい方
  • ハンカチの必要性が分からない方

 

以上に当てはまる方にはおすすめします。特に「ハンカチの~」に当てはまる人観てください笑。

 

てかベン役ってかの有名なロバート・デ・ニーロだったんですね。芸能にあまり興味がないにわかからしてみたら『ゴッドファーザー』のイメージしかなかったのですが、こんな優しいおじいちゃん役までやってるとは...。

 

そんな感じです。それでは!

飽き性とかいう最低な性格を最高にする方法

f:id:echo555:20161125205137j:plain

 

こんばんは!最近寒くてストーブつけっぱなし、エコじゃない系男子のエコーです!

 

...いやーほんと寒いですね!急にさむい。

 

 

北海道ではとっくに秋は終わっていますが、東京もやばいみたいですね。雪が降ったとか。ふだん雪と無縁でスニーカーなぞ履いて冬を過ごしているシティーボーイズ&ガールズは、ブラックアイスバーンという魔物にさぞ痛い目に遭わされたことでしょう。どんまいです。

 

北海道にはまた、長い冬がやってきます。

 

 

飽きっぽいって悪いことですか?

と言えばですね、僕はとっても飽きっぽいですまただじゃれですみません

どれくらい飽きっぽいかというと、

  • 大学1年と2年と4年で別のサークルに3回入りなおした
  • 趣味でギター始めます!がn回目になって友達がもはや信じてくれない
  • 中学高校どちらともバレー部だったが、転部したいと顧問と揉めた(中高どちらも)

どうしようもない呆れた野郎です。

 

今まで、飽きっぽいことはとっても悪いことだと考えていた時期がありましたが、人生の転機であるあの日から、様々な価値観が変わりました。そう、当時の彼女にフラれたのです

 

その後、精神を安定させるための防衛反応なのかわかりませんが、ネガティブ大暗黒神だった僕が、大体のことを自分に都合よくポジティブに変換して考えられるようになりました。

そんな僕は今では、飽き性は「短所というより長所だ!」と思っています。

 

 

というわけで、僕がどんな感じでネガポジコンバートしているのか、以下で簡単に紹介したいと思います。

 

飽き性の人にありがちな特徴4つ

まずは、飽き性の人にありがちな特徴をマイナスイメージ強めまとめてみます。

  1. 新しいことを始めても続かない
  2. 集中力がない
  3. 浮気性
  4. 優柔不断

うわぁ...。どれも聞いただけでげんなりするダメ人間の特徴そのものですね...。

以下でそれぞれについて、ネガティブ大暗黒神風に見ていきます。

 

1. 新しいことを始めても続かない

f:id:echo555:20161126004401p:plain

飽き性という宿命の下に生まれた我々が背負うであり、逃れることのできない呪いです。我々は何をしても長続きしません。なぜでしょう。飽き性だからです。

継続は力なり」という名言があります。大抵の成功者は継続の天才であると言っても過言ではありません。逆を言えば、継続できない我々はかなりの確率で成功者になることはできません。一生凡人のまま地に這いつくばって生きましょう。

 

2. 集中力がない

f:id:echo555:20161126004324p:plain

集中力がないのも我々飽き性の特徴です。気が付けば5分に1回スマホを取り出しTwitterゲームインスタグラムをしていませんか?

目の前の仕事に集中でき、素早く実行できる人物は有能です。反面、我々は無能です。

だらだらと効率の悪い時間の使い方をする我々は、人生という有限時間の枠組みにおいて損をしているとも言えます。

 

3. 浮気性

f:id:echo555:20161126004456p:plain

我々はパートナーとの付き合いも長続きしません。相手に飽きてしまうケースもあれば、目に入るほかの刺激的な異性につい目移りしてしまうケースもあります。

本能に素直という点だけみれば、生物学的な意味でヒトらしいともいえますが、それでもやはりどちらかというとサルです。

さらに浮気は社会的にはとされることが多いので、スリルや刺激を求めるあまり、社会的に抹殺されないように気を付けましょう。

 

4. 優柔不断

f:id:echo555:20161126004556p:plain

飽き性は、根性がないと言い換えることもできるでしょう。根性がない人物は自分の行動に自信責任をもちたがりません。そのような人間―我々は、総じて優柔不断です。

コンビニでパンを選ぶのにすら、下手すれば5分近くかかります。

友人やパートナーとご飯を食べに行く際も、何を食べたいか聞かれ「何でもいい」と答える我々。確実に陰でつまらない奴だと思われていますよ。

 

 

長所に言い換えてみよう!

f:id:echo555:20161125233917p:plain

どうですか?先ほどの特徴を見ると、飽き性の人は一見どうしようもないド底辺スーパーダメ生物であるかのように見えてしまいますね。こんな風に言われたら上の絵のように頭を抱えてしまうことでしょう(自作絵です。かわいいですね)。

 

しかしそこで落ち込んじゃうような人はちょっと待ってくださいな!

自身の性格をネガティブに捉えてませんか。就活なんかでもよく言われますが、性格は捉え方によってまったく異なって見えます。どうせなら良い面を見て伸ばしていきたいですよね。

では捉え方がネガからポジ180°くらい変わる例を以下で見ていきましょう。

 

1. 新しいことを始めても続かない

=すぐに次の新しいことに移る

=新しいことをたくさん経験できる

人生楽しい!!

 

このように解釈しましょう。実際その通りですよね。気になったことはなんでも手を出してみる、その行動力が強みになるのです。ただし、「継続は力なり」は真理です。ここぞという場面では継続することができる柔軟さと根性が求められます。

 

2. 集中力がない

=常にほかのことが気になってしょうがない

=常にほかの興味へアンテナを張っている

広い視野で世界を見ることができている!

 

一見いいところがなさそうな「集中力がない」ですが、このように言い換えることができます。言われてみたら「そういや前から広い世界見てたわー!!」という気分になってきませんか?ただし、優先すべきタスクが溜まってしまうとほかの趣味などの時間にも影響してしまうので、やるべきことは集中してささっと終わらせてしまったほうがよさそうです。

 

3. 浮気性

=ほかの人もアリだなと思っている

=一人の相手に固執しない

フラれても立ち直りが早い!

 

しょうもなさそうですが、ものすごいメリットです。フラれて落ち込んでいる期間って無駄ですから。そんな生産性のない時間を過ごすより、さっさと次の恋に向かう姿勢をもっていたほうが有意義ですよね。ただし自分から相手をフッてはすぐ次に行くような「ただのチャラい人」になるのは考え物です。

 

4. 優柔不断

=慎重すぎる思考

=リスクオフのためにあらゆる状況を想定できる

冷静な思考で物事に対処する力!

 

これはよくある言い換えですかね。頭の回転は遅いかもしれませんが、熟考する時間さえあれば限りなく正解に近い答えを導き出すポテンシャルがあると言えます。ただし慎重すぎてリスク回避に走る傾向があり、それが言い訳や人任せなどの責任転嫁の形で表れないように注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。飽き性に限ったことではなく、大切なのは自分の性格の短所を見極めた上でそれを長所に昇華する力です。

 

僕もこのブログを継続することで、短所を克服し長所へ昇華していきたいと思っています。(とか書いてたら日にちを跨いでしまったため、連続更新日数が途切れてしまいました...。この程度の量を書くのに4時間もかかってしまったせいです。)

 

それでは駄文、駄絵を失礼しました。

【PS4】街の全てがスマホ一つで思いのまま!?歩きスマホは危ないよ【 WATCH DOGS 2 #000】

先日ふと何気なくAmazonをチェックしていると...。

 

 

 

 

うわああああああきたーーーーーーーーーー!!

 

 

待ってましたあああああ!(∩´∀`)∩

 

 

 

前作をプレイしてからこれは確実に「2」が来る!って思ってましたが、遂に来ましたか。というか、来てましたか!!

 

即買いです。はい、ポチッ。

といっても12月1日発売なので予約しただけなんですが。

 

 

 

いやー『WATCH DOGS(ウォッチドッグス)』これもうね。ほんと面白いんですよ。

2の日本語版がまだ発売してないのにこうやってエントリー書きたくなっちゃうくらい面白い。


Watch Dogs 2 - Reveal Trailer [EUROPE]

 

このトレーラーは実際のゲーム画面とはだいぶ異なりそうですが、世界の雰囲気を見事に再現しています。かっこいいです。

なんか自撮り棒で写真撮ってる人とか、HMDでVRやってる人とか映っていたので、動画内の世界をより身近に感じますね。どうやら次の舞台はサンフランシスコのようです。

 

今回は、「2」への期待を高める意味も込めて、前作の復習というか回想というかしていきたいと思います。

 

 

WATCHDOGSは「ハッキング」がテーマ

ウォッチドッグス(特典なし)
 

 前作は↑こちら。

 

まず制作会社がユービーアイソフトアサシンクリードシリーズのとこですね。アサクリは2だけプレイしたのですが、イタリアのフィレンツェヴェネツィアをシームレスに駆け回れる爽快感がありました。

『WATCH DOGS』においては、アサシンのように建物をよじ登りまくり!という訳にはさすがにいきませんが、作り込まれたシカゴの街を自由に闊歩(あるいは爆走)することができるのは感動ものです。

 

よく「要はGTAみたいなもの」言われます。概ねその通りです!

銃を抱えて車をパクって街中を警察とドンパチしながらカーチェイスするゲームです。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

世界設定が

 

 

 

 

 

GTAとは全然違うんですよ!!!

 

 

 

 

 

あらゆるヒト、モノ、インフラが「ctOS」と呼ばれるシステムとネットワークで繋がり、全てが統制されている近未来な街シカゴ。統括されたシステムによって便利で安全な生活がもたらされるその陰で、収集された個人情報によるプライバシーの侵害や、一極集中型の統制によるシステムの脆弱性などの問題が存在する。ハッカー集団「デッドセック」(『WATCH DOGS 2』の主人公が属する組織)は、そんなシステムの欠陥に警鐘を鳴らすが如く「ctOS」のシステムに侵入し、日夜市民に「ctOS」の危険性を訴えかけている。

 

(そんなデッドセックとは関係のない)主人公の頭のイカれたオッサン凄腕ハッカーであるエイデン・ピアースは、なんだかんだあってハッカーから足を洗おうとするが、なんだかんだあって師匠のオッサンへの復讐に燃えることになり、あるとき「ctOS」をハッキングすることに成功する。街の全てをスマホ一つで意のままに操れる復讐の鬼エイデンが、

  • 電車を急停止させたり急発進させたり
  • 街中を停電させたり
  • ギャングの身に着けている爆弾をハックして爆発させたり
  • 市民の口座をハックして預金をごっそり頂いたり
  • 監視カメラをハックして市民の生活を覗き見たり
  • 常に歩きスマホ(走りスマホをしまくったりする

 

そんなサイバチックSF電脳世界を自由にできるなんて!

 

 

 

 

 

すごくいい...(恍惚)

 

 

f:id:echo555:20161123013415j:plain

走りスマホをするエイデン・ピアース氏(39)

 

 

 

 

 

 

[余談]一部似た世界設定の作品

余談ですが、似たような設定の作品に『PSYCHO-PASS サイコパス』(アニメ)があるんですけど、一極集中のネットワーク管理社会っていう点が共通してますね。シビュラシステムとctOSの中身は全然違いますけど。犯罪を犯しそうな人間が自動で識別されて法的執行を受けるという点も共通してます(PSYCHO-PASSでは警官が出動して逮捕あるいは処刑しますが、WATCH DOGSではエイデンが馬乗りになってボコボコに執行します)。『PSYCHO-PASS』も上と同様の理由で大好きです!

 f:id:echo555:20161122233409j:plain

©サイコパス制作委員会

 

 

「ctOS」は実現可能か?!膨らむ妄想

余談から話を戻すと、「Watchdog」っていうのは番犬とか監視人という意味で、IT用語でもあります。人々を監視するctOSに対し、そのctOSを監視するのは誰か?といったメッセージがあるとかないとか。

ctOSのような、すべてがネットワークで繋がる社会の構想は「ユビキタス社会」として既に存在しています。

 

 ユビキタスユビキタス社会)とは、ITネットワークが生活環境のあらゆるところに組み込まれ、パソコンや携帯情報端末などが利用される情報環境を意味する。 物と物、人と物、人と人 がネットワークにつながることにより、様々なサービスが提供され、人々の生活をより豊かにする社会を指してユビキタス社会と呼ばれる。

ユビキタス(ユビキタス社会) | マーケティング用語集 | シナジー ...

 

https://www.synergy-marketing.co.jp/glossary/ubiquitous/

 

この社会が実現したらこんな感じなのかなー、と妄想しながら近未来の街を楽しむのがこのゲームの楽しみ方なのではないかと僕は思います。自動車の自動運転もそうですけど、SFの世界は着実に近づいているとはいえ、ごく当たり前のものとして浸透するのはまだまだずっと先な気がしますし、しばらくはこういったゲームで楽しめばいいんじゃないでしょうか。

 

妄想といえば、ハッキングってなんかかっこいいから憧れますよね。にわか感やばくてすみません。(情報系の学生として一応補足しておくと、システムへの不正な侵入を目的とした行為はハッキングではなくクラッキングで、クラッカーは尋常じゃない知識と経験が必要だという認識なので、人間を超越した変態しかなれません。エイデンは変態です。)

 

 

オンライン対戦はステルスかくれんぼバトル

もちろん世界設定だけでなくゲーム部分も楽しいです。

特にオンライン対戦は独特で印象的でした。

 

ルールは簡単に言うと、相手に近づき一定時間気づかれずに視界に捕捉し続けてハッキング完了すれば勝ちです。気づかれて捕まると負けです。普通に近づくと速攻で気づかれてしまうので、バレないために一般市民(NPC)のフリをする必要があります(隠れるという手もありますが)。

つまり、

  • 群衆に合わせてゆっくり歩いたり
  • 信号で待ってみたり
  • 付近で爆発を起こし逃げ惑う市民に紛れて走り回ったり

 といった多彩な方法が考えられます。他にも監視カメラをハッキングして遠距離から相手の動きを探るなど、ほかのゲームにはない戦略が楽しいです。

しかも普通にストーリーをプレイしてるといつの間にか他のプレイヤーに侵入されていることがあって、不意打ちを喰らう楽しさと緊張感がよかったです。

 

中には別の楽しみ方を見つけ出す人もいるようですが...笑


ウォッチドッグスで対戦相手が屈辱を感じるぐらいおちょくってみた(オンラインマルチ) - Watch Dogs Online Hacking Gameplay

 

 

最後に

いやーなんかざっくりでしたけど細かいところは長くなるのでやめます。『WATCH DOGS』ぶっちゃけ巷のレビューでは☆3.5くらいの印象で、平凡な優等生的な扱いの作品ですが、だからこそ!次回作である「2」への期待を禁じ得ないといいますか。

 

輸入盤のプレイ動画とかはもう既に出ているのですが、楽しみをとっておくためにまだ観ていません。12月1日が楽しみです。

 

 

↓実写の動画(ファンムービー?かな)もあります。かっこいいので紹介です。


Watch Dogs Parkour in Real Life in 4K

 

 

ウォッチドッグス(特典なし)
 

 

ウォッチドッグス(特典なし)
 

 

 

【グループ】同期ブログ「2016年下半期クラス」【作りました】

f:id:echo555:20161123035455j:plain

 

どーもエコーです!

 

まだ3つしか記事書いてないけどブログ更新するのって意外と労力が要りますね。

公に読んでもらうことを想定した文章は大変です。

 

しかも!始めたばかりだしジャンルも定まってないし全然読まれない訳で!

書き続けてればいつか読まれるようになる!

と自分を奮い立たせるものの、やる気を維持するのは大変です。

 

 

 

 

はぁーおらどうしたらモチベーション維持できるべ。

 

 

 

 

 

そんな最中、そんな折々、見つけてしまった似たようなことを書いているブログ。1年前のエントリーが参考になりました。先輩だ!

hatena.aaafrog.com

 

著者の嗚呼蛙さんがはてなブログを始めて3日目のエントリーによると、「書くからには読まれたいから、PVを増やすために今すぐできちゃう簡単な方法からやってみよう!」ということだそうで。

 

ふむふむ。そんなにすぐできるならやってみたいな。と思う僕。

 

以下は先のエントリーから引用したものです。

そこで見つけた方法が以下の5つ。

  1. 積極的に他の人のブログを読みに行く
  2. 積極的に他の人のブログに読者登録をする
  3. 積極的に他の人のブログにスターをつける
  4. 積極的に他の人のブログをはてぶする
  5. 積極的に他の人のブログにコメントする
  6. はてなブロググループに参加する
自分からこれらを積極的にやっていくと、相手からお返しがある(かもしれない)から、アクセスが増えるってことみたいですね。
初心者必見!すぐできるはてなブログのアクセスアップ法5つ! - 嗚呼、学習の日々

 

なるほど!確かに僕の記事にも一人読者になってくれた方がいて、その人のブログを見に行ったときに自然と読者登録をしたぞ!

 

なんか今まで読者登録とかスターとか、恥ずかしい感じがして遠慮していたけど今度からはつけてみようかな。

 

昨日の記事でも書いたのですが、嗚呼蛙は同期の方と積極的に絡みたい気持ちがあります。そこで、今朝グループを検索してみたら「同期ブログ」というニーズにドンピシャなグループがあるじゃないですか。 

初心者必見!すぐできるはてなブログのアクセスアップ法5つ! - 嗚呼、学習の日々

 

グループに入ったほうがいいという記事はほかでも読んでいて、「でも弱小ブログだしカテゴリも定まってないからまだ入りづらいなぁ」と思ってはいたんですね。だからこの「同期クラス」という概念には衝撃を受けました。

 

弱小ブログである引け目も、ノンカテゴリである引け目も、どちらも感じないで済む理想の形態だ~!なんてこった~!

 

さらにネットコミュ障な僕は、少しでも境遇が近い人との方がコミュニケーションしやすい気がするんですね。

そしてお互い刺激を与えあって切磋琢磨できる仲間に出会えるかもしれへん!

 

これは参加するしかない!!

 

 

 

 

と、

 

 

思ったら、ない。

 

 

同期ブログ「2016年下半期クラス」が、ない。

 

 

 

ところが、早速参加しようと思って自分のブログが該当する期間を探したら影も形もない! 「2015年上半期クラス」はあれども、下半期クラスがないのです! 仕方がないので作りました。 同期ブログ「2015年下半期クラス」

初心者必見!すぐできるはてなブログのアクセスアップ法5つ! - 嗚呼、学習の日々

 

どうやら嗚呼蛙さんはなかったので作ったようです。

元々ブログをやっていた人らしいですが(確かに3記事目にしてはタイトルが秀逸)、それ故なのか元々の性分なのか、行動力がすごいですね。

 

 

 

 ならば僕も見習って作るしかありません!

同期ブログ「2016年下半期クラス」

 

 

 

と、いうわけで

もし近しい方がいたら是非参加お願いします!

お互いモチベーション高めあっていきましょう。

 

 

 

 

千里の道も一歩から、1000PVも1PVから。

 

マネーゲーム初プレイの感想【Foreign eXchange #001】

札幌近郊のゲレンデが、先週末でオープン予定だったものをはじめ少しずつオープンしてきました。といっても最近は雪がほとんど降ってないので標高低めのゲレンデはクローズみたいですが。じわじわやってきてますね。スノボの季節が。

 

 

 

 

 

 

f:id:echo555:20161122103605j:plain

 

それと同時にトランプ大統領爆誕の先々週からじわじわやってきている円安(というかドル高)の波。このトレンドは上昇し始め当初からしばらく続くだろうって感じで言われてたし買っておけばよかった。

 

4万ないし5万の証拠金があればレバレッジをフルに使って1万通貨分買えるので、当選確定前後の底値から10円近く上昇したことを考えれば10万近い差益があったかもしれません。

 

といっても当初は、トランプの「アメリカだけよければいい」みたいな発言にトレーダー達は、「もし当選したらやばいのでは...」と不安を煽られ、ドルは売っておこうといった流れがありました(下チャートの急速に下落している部分)。当選後、「トランプ意外とまともじゃん」と判明したので期待が不安を上回り、株価の上昇につられる形で円安が進んだらしいです。

 

f:id:echo555:20161122093342p:plain

 

つまり予測と違ったんですね。後からならいくらでも、「あのとき買いだった」とか言えるけども、実際は予測が難しい。

 

実は、とあるFX会社の口座を開設したんですよ。丁度キャンペーンをやっていて、

「開設してくれたら1000円振り込んどくから気軽に取引体験しちゃいなYO☆」

的なやつです。

 

「わー自分のお金じゃないから気軽に取引できるー!ポチポチっとな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間くらい経ちましたが880円になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元金10万だったら1万2000円の損益だよ...。予測の難しさを身をもって体験しました。

 

 

 

 

 

ところで突然のFXの話題でしたが、興味をもったきっかけはスマートニュース経由で読んだこの記事。

 

同じ大学生なのにめっちゃ勝ち組~☆彡

 

 

 

 

 

うらやましい...。

 

 

 

 

 

しかしそう簡単にマネできるものではない...。

 

 

 

 

 

だがうらやましい...。

 

 

 

 

 

 

 

よし、とりあえずやってみっか!

 

 

 

 

 

 

 

というノリでした。まずは経済の勉強のつもりでやってみるつもりです。記事中で、為替は政治と連動して変動すると述べられていますが、今回アメリカ大統領選でそれを目の当たりにして非常に面白いと思いましたし、しばらくは飽きずにできるかなと。

FXはガチ勢として利益を出し続けるのは困難な世界だとは思いますが、政治経済に興味をもつ動機付けとしてライトに参入してみるのもアリなのではないかと考えます。

 

 

 

いやーしかし、ゲーム控えるとか言って新しく興味をもったのがマネーゲームだったことに気づいたときは笑いました。あくまで経済の勉強ですから。

 

アメリカでは著名らしいエクストリームスポーツを体験してみた

こんにちは。太ももが筋肉痛で動けないエコーです。

昨日、久々に激しめの運動をしてしまったことによるのですが、何をしてきたかというと、↓コレです。2:50くらいからご覧ください。

 


Amazing Paintball Match: PSP Dallas Pro Finals - Houston Heat vs LA Infamous

 

これは「ペイントボール」というスポーツのプロリーグであるPSPの試合動画です。

「ペイントボール」はその名の通り、ペイントボールを発射するためのペイントマーカー(マーカーと呼ばれる)を用いながら相手チームと戦うスポーツです。動画のように対戦フィールドにはバンカー(遮蔽物)が設置されています。被弾してペイントが身体に付いたら脱落になるため、基本的にはバンカーからバンカーに移動し、隠れながらの撃ち合いを行うことになります。

アメリカではスノーボードよりも競技人口が多いらしいです。今までペイントボールって言えば、コンビニとかに置いてある防犯用のアレ、もしくはモンハンかな?ってくらいの認識だった僕としては驚きを禁じえませんでした。

詳細を知りたい方はwikipediaにいろいろ載っています(ペイントボール - Wikipedia)。

 

僕はもともとFPSが好きなこともあり、サバゲーにも興味がありました。そんな折、友人がTwitterで「ペイントボール楽しかった!また行きたい!」というツイートをしていたのを見たので、僕も行ってみることにしたのです。

 

日本にはペイントボールをプレイできる施設はまだまだ少ないらしいのですが、友人がツイートしていた施設は車ですぐ行ける距離にあったのでよかったです。

今回いった施設はココ

 

f:id:echo555:20161113204739j:plain

帰りにもらったステッカー。ストリート風のポップなキャラ。

 

室内に小体育館ほどの大きさのフィールドがあり、気さくな2名のスタッフが迎えてくれました。

まず安全に関することなど規約を読み、了承します。そして汚れてもいいように着替え、ゴーグルを着用します(付着したペイントは洗濯で簡単に落とせるようです)。

安全管理は厳格です。フィールドに入る前に必ずゴーグルを着用。フィールドを出るまで取ってはいけません。また、フィールド外では銃口にカバーをし、トリガーロックもしなければなりません。これは初心者だからというわけではなく、ペイントボールにおける当たり前のルールであるようです。こういうところがちゃんとしていると、大人の遊戯なのだと感じさせられます。

 

最初にマーカーを用いての射撃訓練を行いました。

f:id:echo555:20161113211820j:plain

ペットボトルの的を撃つ様子

 

思いのほか狙ったところにに弾が飛んでいきます。さすがに弾の大きさがビー玉くらいあって大きいので、5mを超えるとシュート気味になりますが。

 

今回選んだ3980円のコースでは1人あたりペイント弾250発が与えられるので、それがなくなるまでプレイできます(目安は90分~)。僕らは5人だったので2対3ないし2対2での試合でしたが、10試合くらいはできたと思います(うろ覚え)。

 

本当は試合風景の写真でもあればよかったのですが撮り忘れました...^^;

 

試合はかなり楽しかったです!遮蔽物から遮蔽物に屈んでの移動だったり、スライディングしてみたり、とにかく敵に居場所を悟られないように立ち回るのが緊張があり楽しいです。この辺の立ち回りのセオリーは、FPSの少人数部屋なんかで練習してなんとなく分かっていましたが、現実の立ち回りにおいてもあながち使えなくはないと感じました(ただし身をかがめて動き回るのでめちゃくちゃ疲れます笑)。

あと、弾がヒットしてもうまく炸裂せずにペイントが付着しなかったらセーフなのですが、ゴーグルやマーカーなどの固い部位ならともかく、胴体だとほとんど割れません。胴体に10発くらい受けてもセーフだったときはさすがにびっくりしました(ちなみにこれ当たるとちょっとだけ痛いです)。スタッフの方にこの仕様について聞いてみたところ、「普通はヘッドショットを狙っての撃ち合いがメイン」とのことなので、全然割れない!と嘆く前に頭を狙いましょう(笑。

 

今回、初めてペイントボールというスポーツの体験をしましたが、とっても面白い!友人たちもハマっていました。日本ではまだまだ知名度が低いのかもしれませんが、これからもっと普及していかないかなと密かに期待しています。大学にサークルとかないのだろうか。

今度行ったときはスタッフの方とも対戦してみたいと思います。

 

 

 

ぼうけんのしょをつくる

皆さん初めまして!echo(エコー)と申します.

突然ですが皆さんゲームは好きですか?僕は昼夜を忘れついでに宿題も忘れちゃうほど好きです.

f:id:echo555:20161110010632j:plain

懐かしのスーファミマリオカートがアツかった.

 

このブログは,今までゲームやってた時間にブログを書くことで、ライフハックを狙う趣旨のブログです. 

簡単な自己紹介です!僕は現在大学院の情報系を専攻している大学院生で,もうすぐ就活なのに研究テーマがまだ決まっていない崖っぷちです.

そんな中なぜかブログなんか始めようとしているわけですが,今こそライフをハックすべき時だからです!

とても飽きっぽいのですが,継続こそ最強の才能だと思うので頑張りたいです.

 

 

 

 

▶︎げーまー の はじまり

まず言ってしまうと,僕がゲーマーになったのは父親のせいです.500%父親のせいだと言って間違いありません.チクショウ!

当時父親PCエンジンメガドライブセガサターンゲームボーイ,と発売されているハードは全部買ってしまうほどのゲーマーでした.そりゃ子もゲームに興味もっちゃいます.一方母親は大のゲーム嫌いで(なんで結婚したんだ),ゲームに興味をもってしまった僕に対して,絶対に買い与えないという徹底した教育方針でした.父親がすでに保有しているゲームがあった為あまり抑制にはなりませんでしたが,流行りのゲームを買ってもらえなかったことで友人界隈での肩身が狭かったのを覚えています.あの頃は「ちくしょーなんでうちだけ買ってもらえないんだ」と周りを嫉ましく思ったものですが,今になって思うと母親が多少でもそのように抑制し続けてくれてよかったと思います.「あんたはゲーム以外の遊び方を知らないの?!」とよく母親にどやされましたが,この言葉が喉の小骨みたいに心に残り続けていたからこそ,今こうして「ゲーム控えよう」と思えたのかもしれません.

f:id:echo555:20161110020123j:plain

出典:http://japanese.engadget.com/2014/04/21/gb25//center>
ゲームボーイテリーのワンダーランド神ゲー

 

▶︎げーむ から えたもの

ところでゲームやめるとか言っていますが,ゲームってそんなに悪いものなのでしょうか.導入と矛盾するようなことを言ってしまっていますが,ゲームは良くないとメディアやお母さん方が言うようなステレオタイプに流されて,盲目的に「ゲームはだめだー!」なんて言うのはよくないと思います(最近は,マインクラフトに代表されるように教育に活用できるという見方も増えてきた気はしますが).良い面もあるのだということを整理して理解するべきです.とか言ってただゲームを擁護したいだけなんですが!全国のお母さん方よく知らないまま否定しないでほしい!(切実)

 

まず第一に,楽しいです(笑).楽しくないとやらないですからね.ですがこれはすべての趣味に当てはまることなので特筆すべきことはありません.

 

僕が小さい頃,自宅にPCがあり父親がオンラインゲームをやっていました.すぐに僕も興味をもってプレイすることに.その結果ほかのプレイヤーとチャットをすることを通じて,小学生にしては素早いキーボードタイピングを身につけるだけでなく,対人関係における簡単なマナーを習得することができた経験があります.

また,ほかのプレイヤーとの会話やNPCキャラのセリフなどからたくさんの言葉や言い回しを覚えました.そのおかげで「そんな言葉よく知ってるねー」と褒められたものです.言葉を覚えるという意味では,読書の代わりになっていたといえるかもしれません.

f:id:echo555:20161110014657j:plain

初めてプレイしたMMO「MU奇蹟の大地」友達も誘って2人でやった.

 

キャラクターへの憧れとか生き方の指標みたいなものを与えてくれたゲームもあります.知ってる方もいると思いますが,セガサターンの名作「グランディア」(後にPSにも移植された)における主人公ジャスティンのまだ見ぬ世界への溢れんばかりの好奇心や,等身大で飾らない在り方など,今の僕を形成する上で強い影響を与えられたと感じています.RPGで多くみられるような重厚なストーリーとその演者であるキャラクターたちの生き様は,ドラマやアニメにおける感動と近しいものを与えてくれます.

f:id:echo555:20161110010919j:plain

ジャスティンとフィーナ.最初の町が好きで何度もはじめからプレイした.

 

また,ゲームは非常に共有しやすい趣味です.スポーツ等と異なり習得に時間がかかることがないので,誰とでも気軽に遊ぶことができます.友人宅でスマブラ大会をして,友人のあまりの強さに喧嘩をしたり,アドホック通信でモンハンをしながら,「今とどめさしたの俺だわーww」「いやバカ俺だよふざけんなやw」なんて盛り上がった思い出のある人も少なくはないと思います.

 

 

▶︎げーむ の あそびかた

先ほどまでは僕が今まで感じてきたゲームの良い面です.では悪い面はというと,視力の低下に繋がったり,外で遊ばなくなったり,等いろいろあると思いますが,

 

最大のデメリットは,その中毒性からくる莫大な時間の浪費と,他人に趣味だと言いづらいことだと思います.

 

熱中していて気づいたらもう外が明るい...なんていうことはゲーマーの方々なら日常だと思います.趣味は?と聞かれて答えられない...というのもゲーマーあるあるだと勝手に思ってます.中学高校まではいいんですよ.趣味とか聞かれることはほとんどないので.しかし高校を卒業した途端,初対面の方と会話をする機会が増えるために,必然的に趣味を聞かれる機会も増えるんですよね.その度に困っていました(専門技術の習得の必要なさから,趣味としての程度が低いと思っているからです.個人的には映画鑑賞と同レベルですね).

f:id:echo555:20161110023434j:plain

僕は話せる趣味を作るために大学1年からスノボを始めました(笑)

 

しかも先ほど述べたゲームの良い面が,実はこの年齢になったらほとんどないに等しいんですよ.今さらゲームから学ぶ言葉もないし生き方とかある程度決まってきてるし.

よく考えたら楽しいからゲームしてるんじゃなくて,やるべきことから逃げるためにゲームしてたなぁって.授業中のパズドラとかね.ただの時間の浪費だったわけです.そんな気持ちでプレイしたらゲームに失礼といっても過言ではない.無駄にゲームしてる暇あったら研究なり英語の勉強なりすることはあるんですね.

確かに昔から思ってたんだよなー.ゲームしてた時間全部勉強してたら俺最強だったのでは?って.今頃英語ペラペラで海外の大学飛び級で卒業した後起業して,成功して得た収入を元金にFXで勝ちまくって有り余るお金を上手く資産運用しながら優雅な老後送ってたのではって.

f:id:echo555:20161110024024j:plain

ゲームしていた時間をもっと有効に使えていたら...

 

これは冗談でずいぶん大げさに言いましたけども(笑),中学校から1日平均3時間ゲームしてたとすると,10年間で 10950時間≒456日と6時間 ですよ.それだけ時間があったら何かを1つや2つ究めれたかもって思いませんか.

 

というわけで,これからブログを始めてライフをハックして,最終的には優雅な老後を目指していきたいと思っています.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶろぐ を はじめますか

 はい

 いいえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶろぐ を はじめますか

▶はい

 いいえ